社長あいさつ

農村地域のライフラインを支えて

代表取締役社長

戦後、日本の農村地域では、薪や練炭が主な燃料でした。重労働を強いられる女性たちの負担は大きく、健康被害も深刻だったといいます。そうした中、当時の農業協同組合(現在のJA)が中心となって生活改善運動が展開され、暮らしを支えるエネルギーとして、LPガスが普及するようになりました。それまで暗くて寒い土間の窯で煮炊きをしていた台所環境は大きく改善され、薪で炊いていたお風呂も、LPガスの力で素早く快適に沸かせるようになったのです。

一方で、LPガスの利用が進むにつれ、天ぷら火災や一酸化炭素中毒といった事故も増えるようになり、ご家庭で安心してご使用いただくための指針が国から打ち出されます。これを受けて1998年、JAグループのネットワークとNTTグループの通信網を生かして設立されたのが、株式会社JA―LPガス情報センターです。

当社は農村地域のライフラインとして欠かせないLPガスのご使用を安全に守り、安心してお使いいただける環境を整備しています。無線通信網または電話回線を通じ、お客様のLPガスの使用状況やボンベ内の残量などを24時間365日把握。万一ガス漏れなどの異常があった場合には、ただちに電話連絡をしてガスの使用を休止していただいたり、緊急時には出動を手配するなどの態勢を整えています。

JAグループの一翼を担って

現在、LPガスは全国約2,400万戸でご利用いただいており、そのうち農村地域を中心とする220万戸に対しては、JAが供給を行っています。

LPガスのご利用状況を常時把握するためには、高度な情報処理と通信技術システムが必要であり、当社はNTTグループの協力によってそれを実現しています。また、全国約600の総合JAと1,000万人の組合員を有するJAグループのネットワークによって、市町村、県、全国レベルと、広域かつ組織的な事業運営を行っています。

LPガスは今、地球に優しいクリーンなエネルギーとして、また災害時に大きな力を発揮するエネルギーとして、改めて注目を集めています。これからも、農村地域のライフラインを支え、LPガスご使用家庭の安全・安心を守るという当社の使命を、社員一同、力を合わせて遂行してまいります。何卒よろしくお願い申し上げます。

株式会社JA―LPガス情報センター
代表取締役社長 寺崎 博章